混合肌

箇所によって違う肌トラブルを抱えている場合

混合肌とは、Tゾーンなど皮脂腺の多い所は脂っぽくなり、Uゾーンなど皮脂腺の少ない所は乾燥しやすいなど、お肌が場所によって異なる状態のことを言います。
実は、混合肌とは特別なものではなく、誰もがある程度は混合肌であると言うことができます。
場所によって皮脂腺の量が違えば、それに応じて脂っぽさが違ってくるのは当たり前のことですよね。

ですから、正しい洗顔を始め通常のスキンケアをしていれば、通常であればそれほど問題はありません。
ただし、Tゾーンがあまりにも脂っぽいとか、Uソーンがあまりにも乾燥するなどという場合は注意が必要です。

混合肌の基本は乾燥肌

実は、混合肌というのはそのベースに乾燥肌があることが多く見られます。
脂っぽいのに乾燥肌?と思われるかもしれませんが、お肌が乾燥することによってバリア機能が低下し水分量が減ると、お肌を保護しようと皮脂が過剰に分泌されるのです。
ですので、混合肌の対策としてまずは乾燥肌対策を徹底させましょう。

皮脂の取りすぎでさらに皮脂が多くなる

皮脂はお肌にとって非常に重要で必要不可欠なものですが、出すぎると様々な肌トラブルを引き起こします。
毛穴が詰まりやすくなってニキビや黒ずみができたり、毛穴が開いてしまったり、お肌自体がきれいに見えなくなってしまいます。

皮脂が過剰に出すぎないようにお肌を改善させなくてはいけませんが、皮脂を取り除こうとするのは逆効果になってしまいます。
顔に浮き出た皮脂を取ろうと、1日に何度もあぶらとり紙やティッシュを使ったり、皮脂を強力に落とす洗顔料を使ったりすると、お肌はまだまだ皮脂が足りないと勘違いし、さらに皮脂を分泌させようとします。

過剰な皮脂で顔がテカって気になるのはわかりますが、お肌は皮脂が必要だと思っているのです。
皮脂を取り除きたい気持ちはぐっとこらえて、皮脂が出すぎない肌にすることを優先させましょう。
どうしても皮脂を取り除きたい時は、1日に1度か2度を限度にし、少しだけそっと取るようにしましょう。