乾燥肌

バリア機能で改善を目指す

乾燥肌とは、簡単に言うとお肌の角質層の水分量が不足している状態のお肌のことです。
具体的には、お肌がかさついたり硬い感じがしたり、お肌が赤くなったり痛みが出たりするなどの症状があり、化粧のりが悪くなったり年齢の割にシワが多くなったりといったこともあります。

ではなぜ水分量が不足してしまうのでしょうか。
本来、お肌の細胞と細胞の間には保湿成分が詰まっていて、お肌の水分が蒸発するのを防ぐ「バリア機能」の役割をしています。
しかし何らかの理由でこのバリア機能が低下すると、お肌の水分がどんどん蒸発してしまいます。

ですから、いくら保湿をがんばっても、このバリア機能を戻さない限り、乾燥肌は改善しないのです。
このバリア機能が低下してしまう原因と対策を詳しく見ていきます。

乾燥肌と洗顔

洗顔はスキンケアでいちばん最初に行うステップとして非常に大事な要素ですが、乾燥肌を招く間違ったスキンケアは、ほとんどがこの洗顔にあります。
洗顔料をよく泡立てずに肌で伸ばしたり、指でゴシゴシこすって洗ったり、熱いお湯を使ったりすると、お肌の負担になるだけでなく、お肌の持つ保湿成分が全て洗い流されてしまいます。
また、洗顔の回数が多い、特に洗顔料を使っての洗顔が多いと、必要以上にお肌の潤いが奪われてしまいます。

まずは正しい洗顔の仕方を守り、洗顔料をよく泡立てる、こすらない、30~35度のぬるま湯で洗うなどを徹底しましょう。
お肌の汚れは、ほとんどが洗顔料を使わずとも落ちるものです。
女性ならメイクをするので、夜はクレンジングが必要となりしっかり洗顔しなくてはいけないことが多いですが、朝は洗顔料なしでじゅうぶんです。

また、洗顔料の選び方も重要です。
洗顔フォームだと合成界面活性剤が含まれておりお肌への刺激が強すぎるので、できれば純石鹸に美容成分が配合された洗顔石鹸を使いましょう。
乾燥が特に気になる方は、お肌に泡がのっている時間をできるだけ短くし、手早く洗顔を済ませましょう。

乾燥肌と湿度

クーラーや暖房による空気の乾燥も、お肌から水分を奪います。
冬はもちろんのこと、夏でもクーラーの効いた部屋に長時間いるとお肌は乾燥してきます。
乾燥した空気の中に、お肌の水分が蒸発していってしまうんですね。

ですから乾燥肌の方には、湿度管理はとても重要です。
加湿器を使用するなどして、できるだけ湿度を保つようにしましょう。

お肌本来の力を取り戻す

洗顔や湿度などに気をつけてお肌の力を邪魔する要素を減らしたら、お肌本来の力を取り戻し強くしていきましょう。
お肌本来の力とは、ターンオーバーが正常に働いて細胞が新しく生まれ変わっていく力のことです。
そうすればバリア機能も回復し、乾燥肌が改善していきます。

そのために必要なのが、バランスのとれた食生活や質の良い睡眠です。
食生活は、偏りのないよう心がけ、特にタンパク質やビタミン類は不足地がちなので意識して摂るようにしましょう。
たんぱく質は新しい細胞の材料となり、ビタミン類はターンオーバーの働きを助けます。

また、お肌が新しく生まれ変わるのは睡眠中だと言われています。
深い眠りについた最初の3時間で、お肌を生まれ変わらせる成長ホルモンがたくさん分泌されるのです。
質の良い睡眠のため、規則正しい生活や日中の運動を心がけましょう。