アトピー肌

皮膚疾患を考える

症状が良くなったり悪くなったりしながら、かゆみのある湿疹が慢性的に続いていく皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎。
皮脂量が極端に少なく角質が水分を保持できないのでお肌が乾燥しやすいと共に、お肌のバリア機能が弱いためちょっとした刺激にも反応しやすく、お肌のトラブルが絶えないと言っても良いでしょう。

ただ、適切な治療を続ければ、肌トラブルの症状をコントロールすることができます。
最終的にはアトピー性皮膚炎であることをあまり意識しないで日常生活を送ることができる、あるいは周囲の人からアトピー性皮膚炎であることがわからないくらいになり、その状態を維持していくことができるという所まで改善を見込むことができます。

基本的には皮膚科のお医者さんと相談しながら、薬でかゆみなどの症状を抑えたり、適切なスキンケアをしたりします。
また、アトピーはアレルギーを起こしていることも考えられるので、アレルギーの原因になっていると疑われる物質を除去したりしていきます。

ストレスもアトピー性皮膚炎の症状を悪化させると言われていて、ストレスからかゆくないのにかいてしまうのがクセになってしまう人もいます。
このような場合は、心理的なアプローチを含めた治療が行われることもあります。

アトピー性皮膚炎とメイク

お化粧はお肌の負担になるため、アトピー性皮膚炎の方はお化粧をしない方が良いと思っている方も多いと思いますが、実はそうとばかりも言えないのです。
さすがに家にいる時はノーメイクの方がお肌へ無駄な負担をかけずに済みますが、外出する時はお肌をファンデーションで保護することによって、紫外線や乾燥から守ることができますし、ダニや花粉、ホコリなどのアレルゲンもシャットアウトすることができます。

ファンデーションを塗る前に、しっかりと保湿をし、紫外線対策も入念に行いましょう。
ファンデーションはリキッドタイプよりパウダータイプを選びましょう。
リキッドは防腐剤などが多く含まれ、お肌の負担になります。

一般的にファンデーションの前には化粧下地をつけますが、アトピー性皮膚炎の方は化粧下地をつける必要はありません。
化粧下地には、メイクの仕上がりを良くするために様々な添加物が含まれることがほとんどです。
化粧下地の代わりに、肌なじみの良い無添加のオイルを薄くつけると良いと言われています。

アトピー性皮膚炎とクレンジング・洗顔

クレンジングや洗顔がお肌に負担が大きいのは確かですが、だからと言って汚れや酸化した皮脂をそのままにしておくことはできません。
クレンジングをする時は、クレンジング剤を多めに使い、くれぐれもお肌に「摩擦」が起こらないように気をつけましょう。

また、クレンジング剤を顔にのせる前に手の平で軽く温めるようにしましょう。
そうすると肌なじみが良くなり、お肌への負担が軽減されます。

洗顔も、よく泡立てる、こすらない、30~35度くらいのぬるま湯で洗うことを徹底し、できるだけ短い時間で済ませましょう。
合成界面活性剤が含まれている洗顔フォームではなく、無添加の純石鹸でかつ洗浄力が強すぎないよう工夫された洗顔石鹸を選んでください。