鼻の角栓ケアのアドバイス

鼻の角栓は自分で押し出さないこと

鼻の頭をはじめとする小鼻にも角栓が詰まってしまうという経験は誰もがお持ちではないでしょうか。
女優さんのように毛穴が全く目立たないお肌に憧れる人もたくさんいます。
小鼻の角栓が気になると、どうしても爪で押してしまうという人もいるようですが、これは絶対に避けましょう。

角栓が飛び出してきた時には気持ちがよくスッキリとしていますが、毛穴が開いたままになってしまうことで肌の状態が悪化する可能性があるためです。
毛穴が開いていればいつまでも角栓が溜まってしまうことになり、どんどん毛穴が大きくなるので最終的には角栓が詰まった部分が黒ずみになったりすることもあります。
また爪で押し出してしまうことによって毛穴が赤くなり炎症を起こして化膿したり、ニキビにつながることもあるため自分で押し出すようなことは避けましょう。

正しい方法で毛穴のケアをしてあげれば鼻の角栓は目立たなくなります。
また、毛穴の角栓を取り出すためのパックなども使用する事は避けた方が良いでしょう。
同じく毛穴を開いたままにしてしまいます。

洗顔とピーリングで角栓を取り除く

毛穴を綺麗に維持していくためには、まず徹底的な洗顔が大切になります。
洗顔もしてお肌の表面に付着した皮脂汚れや、その他様々な汚れなどを落としてあげることで皮脂の分泌バランスを整えていきましょう。
皮脂の分泌が過剰になってしまうと、皮脂が毛穴に詰まったまま固まり、角栓になります。
洗顔をしても気になっている角栓については、ピーリングでしっかりと取り除いてあげることが大切です。

またピーリングをする際には強く肌をこすってしまうのではなく、くるくると細かく指を動かすようにしていきましょう。
一度で全てを取り除くという感覚ではなく、少しずつ取り除いていくような感覚で繰り返すことが大切。
ピーリングは一週間に2回までと決めておく方が良いです。

毎日のように行ってしまうとお肌への負担が大きくなるため、適度な回数を意識していきましょう。
繰り返しピーリングをしてあげることで毛穴汚れが取り除かれ、さらには毛穴をしっかりと引き締めることにつながります。
そういった効果によって角栓が詰まってしまう事も予防できます。

あぶらとり紙は逆効果

皮脂がたくさん分泌されて、その結果かクセになってしまうので鼻に分泌された脂を常に取り除いているという人もたくさんいるようです。
あぶらとり紙などを持ち歩きメイク直しをする際や、その他にも皮脂が気になった時には使用する人がいるようですが、これは逆効果。
あぶらとり紙で皮脂をどんどん吸収してしまうと、皮脂を分泌してしまいますので、毛穴が開いてしまう原因や角栓の原因をつくってしまいます。

角栓のない綺麗なお肌を目指していくためには前述の通り、徹底的な洗顔とピーリングによって毛穴を引き締めてあげることが大切です。
その都度皮脂を取り除いてしまい、さらに皮脂の分泌を促すような行為は避けましょう。