アトピー肌

皮膚疾患を考える 症状が良くなったり悪くなったりしながら、かゆみのある湿疹が慢性的に続いていく皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎。 皮脂量が極端に少なく角質が水分を保持できないのでお肌が乾燥しやすいと共に、お肌のバリア機能が弱いためちょっとした刺激にも反応しやすく、お肌のトラブルが絶えないと言っても良いでしょう。 ただ、適切な治療を続ければ、肌トラブルの症状をコントロールすることができます。 最終的にはアトピー性皮膚炎であることをあまり意識しないで日常生活を送ることができる、あるいは周囲の人からアトピー性皮膚炎であることがわからないくらいになり、その状態を維持していくことができるという所まで改善を見込むことができます。 基本的には皮膚科のお医者さんと相談しながら、薬でかゆみなどの症状を抑えたり、適切なスキンケアをしたりします。 また、...

乾燥肌

バリア機能で改善を目指す 乾燥肌とは、簡単に言うとお肌の角質層の水分量が不足している状態のお肌のことです。 具体的には、お肌がかさついたり硬い感じがしたり、お肌が赤くなったり痛みが出たりするなどの症状があり、化粧のりが悪くなったり年齢の割にシワが多くなったりといったこともあります。 ではなぜ水分量が不足してしまうのでしょうか。 本来、お肌の細胞と細胞の間には保湿成分が詰まっていて、お肌の水分が蒸発するのを防ぐ「バリア機能」の役割をしています。 しかし何らかの理由でこのバリア機能が低下すると、お肌の水分がどんどん蒸発してしまいます。 ですから、いくら保湿をがんばっても、このバリア機能を戻さない限り、乾燥肌は改善しないのです。 このバリア機能が低下してしまう原因と対策を詳しく見ていきます。 乾燥肌と洗顔 洗顔はスキンケアでい...

ニキビ肌

肌トラブルの対処法 ニキビ肌というと、薬をつけてニキビを治すということに意識が向きがちですが、それでは根本的な解決にはなりません。 できてしまったニキビを治すことも大切ですが、目指したいのは肌そのものを改善し、ニキビのできにくい状態にすることですよね。 そのためには、良い薬や化粧品を探すより、生活習慣を見直す方が重要です。 ニキビの原因は、ほとんどがストレスや食習慣、睡眠や生活環境などにあります。 特にストレスは自律神経やホルモンバランスを見出し、お肌はその影響をダイレクトに受けてしまいます。 現代社会に生きる上でストレスを無くすのは到底無理な話ではありますが、ストレスの原因になっていると思われる要素をできるだけ減らしましょう。 ニキビ肌の洗顔 ニキビの原因となる皮脂をしっかり洗い落とさなくてはいけないと思って洗顔に精を出...